性病と妊娠の関係

性病検査というのは抵抗があるでしょう。恥ずかしいかもしれません。しかし、性病検査をしっかりと行っておくことで特に女性にとっては大きなリスクを回避できる可能性も出てくるのです。もし、性病にかかっている状態で妊娠をしてしまったらお腹の赤ちゃんにはとんでもない影響が出てしまう可能性があります。性病にかかっているとわかっているのなら本来は性行為もするべきではないでしょうが、万が一行為を行うのであってもしっかりと避妊をしておくべきです。

 

性病感染中の妊娠は赤ちゃんにも影響アリ!

母体が性病にかかっているのに妊娠をしてしまうとお腹にいる赤ちゃんは死んでしまう可能性が高くなるのと、早産や何らかの異常をきたして生まれてきて結局は死に至るという可能性も増大してしまうのです。性病が母子感染してしまう可能性もあるので十分な配慮が必要となるのです。特に性病の中でも梅毒とヘルペスに関しては非常に危険だと言われています。赤ちゃんを生命の危機に向かわせるというようなことをしたいと思う人はどこにもいないでしょう。そうしたことを未然に防ぐためにも性病検査は必要だといえるのです。性病であるといいうことを隠して妊娠期間を過ごすというようなことは愚の骨頂とでも言っても良いような行為です。わかっているのなら必ず産婦人科の医師に相談しましょう。最近では仮に性病であっても安全に出産を迎える方法も増えていると言います。それでも早期に対応するのと手遅れになってしまう時期に相談するのとでは大きな違いが出てきます。まずはなんでも正直に相談することです。命がかかっているのですから。

性病をより深く知ろう!

関連ページ

性病の潜伏期間
性病は感染したとしてもすぐに症状が現れるとは限りません。無症状のまま進行する性病もあるため、感染に気付かず性病が広がる要因となっています。性病の潜伏期間を知りましょう。
性病に感染する確率
全ての性行為には性病に感染する可能性が潜んでいます。しかし、一口で性病といってもその種類は様々です。中には感染確率が50%を超えるモノもあります。そんな性病の感染確率は?
のどに性病が感染する確率は
性病検査を受ける人の1/3はのどへの感染と言われるほど咽喉感染が増えているのはご存知ですか?オーラルセックスの経験のある方はすぐにチェック!
性病感染の間違った知識
性病には多くの方が間違った知識を持ち続けている人がいます。そのせいで症状がでても誤った対処をとって悪化させてしまう方も…
性病検査を受けたほうが良い場合とは
性病は感染したとしてもすぐに症状が現れるとは限りません。またコンドームをすれば感染が防げるなどの間違った知識も出回っています。まずは性病に関する”正しい”知識を手に入れましょう。