性病感染の間違った知識

性病には誰でもなりたくはないものです。性病で苦しむというリスクを減らしたいのであれば誰もが性病検査を気軽に受けるというくらいのことをしないといけないでしょう。性病には口コミ的なというのか伝説的な間違った噂というものが平気で飛び交っています。その噂を信じている人も多いので間違った知識を元に行動をしている人も多いのです。

 

コンドームで性病感染を防げるはウソ!

代表的な間違った知識としては性病というものはコンドームさえして性行為を行なえば移ることはないというものです。もちろん、中にはコンドームをしていることで防ぐことが出来る性病もあります。しかし、全てがそうだというわけではないのです。ヘルペスや尖圭コンジロームなどは手先などからも感染しますし、キスをしただけでも感染する性病も存在しています。また、同性との性行為は性病の危険性があるけれども異性との性行為なら性病は発生しないというとんでもない思い込みをしている人も実際にいるようですが、そんなことはありません。異性との性行為でも感染はします。また、性病は一度なると免疫ができて二度とならないと思っている人もいるようですが、性病は免疫ができるような病気ではありません。決まったパートナーとの性行為は安全と思っている人もいますが、そのパートナーの過去のことはわからないものです。なんとも言えない部分もあるのです。性病検査に関しても病院でしか出来ないとハードルを高く感じている人も多いようですが、現在では病院ではなく保健所でも出来ますし、家庭で自分で性病検査のキッドを利用して行うことも可能となっています。

性病をより深く知ろう!

関連ページ

性病の潜伏期間
性病は感染したとしてもすぐに症状が現れるとは限りません。無症状のまま進行する性病もあるため、感染に気付かず性病が広がる要因となっています。性病の潜伏期間を知りましょう。
性病と妊娠の関係
性病には感染しても症状として現れないものもあるため、中々深刻に考えない方もいます。しかし、過去に性病を放置したことがきっかけで妊娠に影響が出てしまうかも!
性病に感染する確率
全ての性行為には性病に感染する可能性が潜んでいます。しかし、一口で性病といってもその種類は様々です。中には感染確率が50%を超えるモノもあります。そんな性病の感染確率は?
のどに性病が感染する確率は
性病検査を受ける人の1/3はのどへの感染と言われるほど咽喉感染が増えているのはご存知ですか?オーラルセックスの経験のある方はすぐにチェック!
性病検査を受けたほうが良い場合とは
性病は感染したとしてもすぐに症状が現れるとは限りません。またコンドームをすれば感染が防げるなどの間違った知識も出回っています。まずは性病に関する”正しい”知識を手に入れましょう。