性病検査が必要となる症状 咽頭淋菌の症状

咽頭淋菌という症状は、名前からするとあまり聞き覚えはないかもしれないですが、実は性病検査を受ける上では、是非とも知っておきたいことなのです。もしこのことについて詳しく知っておけば、いざ性病検査を受ける時にその知識を役立てることができます。ここでは、咽頭淋菌の症状とはいかなるものなのかについて見てみましょう。

 

咽頭淋菌ってどんな病気

まず、この咽頭淋菌ですが、性行為によって感染することが多いと言われています。例えばですが、ディープキスとかオーラルを通じたセックスをした場合は、この咽頭淋菌になりやすいと言って良いでしょう。しかし、咽頭淋菌に感染した場合でも、本人からすれば感染した自覚がないことが多く、性病検査を受けて初めて知ることになると考えた方が良いでしょう。ただ、中には喉が腫れたり、喉が急激に痛んだり、あるいは発熱に苦しむという人も居ます。このような症状が起こると、最初の段階では「風邪を引いたのではないか」と勘違いするものですが、性病検査によって風邪ではないということが判明します。では、この治療方法ですが、どんな方法があるでしょうか。まず、抗生剤による対処が行われます。この方法ですと、場合によっては治療にかかる期間がどうしても長くなってしまうこともあるのですが、どうしても期間を要することに関しては受け入れていかないといけません。2週間ぐらいかかることもあるのですが、もしそのような結果になったとしても、決して焦ってはいけません。

性病検査が必要となる症状

関連ページ

B型肝炎の症状
B型肝炎は性病の中では患者数が多い病衣ではありませんが、感染すると重症化することが多い危険な病気です。検査を受けることで早期発見・早期治療を心がけましょう。
C型肝炎の症状
B型肝炎に似た感染症にC型肝炎があります。症状は似ているため、B型なのかC型なのかを判断する必要があります。また慢性化しやすい特徴があるため、治すときに徹底的に治し切りましょう。
梅毒の症状
一時期は減っていた梅毒も昨今になって増加傾向にある性病の1つです。治療体系が整っている為、重症化することは稀ですが、かつては多くの胃の日を奪った病気です。検査を受けて早期治療を心がけましょう。
エイズの症状
もしかしたら最も有名な性病かもしれませんね。しかし、名前は知っていても正しい知識を持っている人は少ないと言えます。最近ではメディアでもHIV検査を推奨しています。一度も検査を受けていない人は受けてみるといいでしょう。
カンジダの症状
主に女性の性病として有名なカンジダ。ニオイや痒みを伴うこともあります。男性の場合は無症状で進行する場合が多く、知らず知らずのうちにパートナーに移している場合があります。