性病検査が必要となる症状 エイズの症状

エイズの症状について知っておくことは、性病検査を受けるにあたって、是非とも押さえておきたいことになると言っても良いでしょう。もしエイズの症状がどういうものか知っておくことをしなければ、後になって自分が困ってしまうことになるのは、言うまでもありません。では、エイズの症状について、具体的に見てみましょう。

 

エイズってどんな病気

まず、エイズの感染の経路ですが、性行為によって人から人へ移ることが多いと言われています。この際、大切な皮膚や粘膜を傷つけるようなことも多くあるので、その際に注意が必要なのです。このタイミングでエイズに感染している人から、血液や体液が流れるようになると、それによって大量のウィルスが流れるようになるのです。エイズの感染力については、そこまで強くはないのですが、だからと言って安心することはできません。実際に傷が少しでもあると、その分感染しやすくなるので、それは注意が必要になってくるのです。もしエイズに感染するようなことがあると、熱を発することはもちろんのこと、無駄に倦怠感を感じるようなことも多くあります。このエイズの感染については、性病検査の際に担当者からお話がなされますが、仮にエイズに感染していると言われたとしても、そこでむやみやたらに対策を立てるようなことは、絶対にしてはいけません。それでは性病検査をした意味がなくなってくるし、長い目で見れば全く望んでいなかった結果が出るようになるので、気をつけないといけません。

性病検査が必要となる症状

関連ページ

B型肝炎の症状
B型肝炎は性病の中では患者数が多い病衣ではありませんが、感染すると重症化することが多い危険な病気です。検査を受けることで早期発見・早期治療を心がけましょう。
C型肝炎の症状
B型肝炎に似た感染症にC型肝炎があります。症状は似ているため、B型なのかC型なのかを判断する必要があります。また慢性化しやすい特徴があるため、治すときに徹底的に治し切りましょう。
梅毒の症状
一時期は減っていた梅毒も昨今になって増加傾向にある性病の1つです。治療体系が整っている為、重症化することは稀ですが、かつては多くの胃の日を奪った病気です。検査を受けて早期治療を心がけましょう。
咽頭淋菌の症状
聞きなれない言葉化も知れませんが”咽喉”の性病感染が非常に増えています。その中でも感染数が多いのがこの咽喉淋菌です。オーラルセックスの一般化により、男女ともに感染の可能性があります。
カンジダの症状
主に女性の性病として有名なカンジダ。ニオイや痒みを伴うこともあります。男性の場合は無症状で進行する場合が多く、知らず知らずのうちにパートナーに移している場合があります。