性病検査が必要となる症状 B型肝炎の症状

性病検査が必要となるような人の症状について見てみると、実は色々な症状が見受けられることが挙げられます。しかもその症状については、1つの症状だけではなく、複数の症状が存在するものです。ここでは、性病検査の必要性のある症状の中でも、B型肝炎の症状とはいかなるものなのかについてお話します。

 

B型肝炎ってどんな病気

これは、B型肝炎ウィルスが体内に感染することによって発症する病気のことを言います。この病気は、あえて言えば血液の中に侵入することによって起こることが多いです。ウィルスの中にもHIVと呼ばれているものが存在することは有名ですが、このHIVの1000倍以上の強い感染力を持っているということは非常に有名です。この数字からしても、非常に感染力が強いことが理解できることでしょう。では、症状としては一体どんな症状だと言えるでしょうか。この症状は、感染してすぐに起こるのではなく、感染してから約2ヶ月から3ヶ月はかかると言われています。そこで、嘔吐や吐き気、食欲が起きないといったことが頻繁に起こるようになります。この症状だけでも非常に大変なことは間違いないのですが、それ以外にも肝硬変にかかったり、あるいは肝臓にガンが出来てしまうようなことも多々あります。もしこれを治療するのであれば、一度入院して点滴を打つ方が良いでしょう。そうすることで、回復にかかる期間を短くすることができるし、これ以上ひどい状況にならなくて済むのです。これも性病検査をする上で押さえておきたいものです。

 

性病検査が必要となる症状

関連ページ

C型肝炎の症状
B型肝炎に似た感染症にC型肝炎があります。症状は似ているため、B型なのかC型なのかを判断する必要があります。また慢性化しやすい特徴があるため、治すときに徹底的に治し切りましょう。
梅毒の症状
一時期は減っていた梅毒も昨今になって増加傾向にある性病の1つです。治療体系が整っている為、重症化することは稀ですが、かつては多くの胃の日を奪った病気です。検査を受けて早期治療を心がけましょう。
エイズの症状
もしかしたら最も有名な性病かもしれませんね。しかし、名前は知っていても正しい知識を持っている人は少ないと言えます。最近ではメディアでもHIV検査を推奨しています。一度も検査を受けていない人は受けてみるといいでしょう。
咽頭淋菌の症状
聞きなれない言葉化も知れませんが”咽喉”の性病感染が非常に増えています。その中でも感染数が多いのがこの咽喉淋菌です。オーラルセックスの一般化により、男女ともに感染の可能性があります。
カンジダの症状
主に女性の性病として有名なカンジダ。ニオイや痒みを伴うこともあります。男性の場合は無症状で進行する場合が多く、知らず知らずのうちにパートナーに移している場合があります。